Amazonアフィリエイトの仕方と稼ぐコツ

Amazonアフィリエイトの仕方

Amazonのアフィリエイトはアソシエイトと呼ばれています。

アソシエイトの登録は登録ページにアクセスします。無料アカウント作成をクリックし、商品購入の経験のある場合にはメールアドレスとパスワードを記入してサインインをクリックします。米国人ですかにはノーをクリックします。

自分のブログやサイトの情報を登録して行きます。電話番号確認のページでは番号を入力して今すぐ電話するをクリックします。確認の電話が入り、完了となります。その後メールが届きます。

管理画面にログインできると支払い方法の入力が求められます。支払い方法はギフト券と銀行振込の方法がありどちらかを選択します。

ブログの場合にはある程度の継続期間が必要とされ6ヶ月分は最低でも必要であると言われています。

そして申請はまとめてではなくブログ1つごとに行う必要があります。

アフィリエイトサービスプロバイダーはその数も多く、ブログにその広告を掲載するのを許可しているところもありますから、その辺りは調べておくことも大切です。

アフィリエイトの仕方はブログのサイトでブログを作成することが必要になります。上記のようにある程度文章を書き貯めておくことが必要となります。Amazonのほうで審査基準というものが存在し、審査に通るためには内容が基準に沿ったものである必要があります。審査期間というものがあり、通常は2、3日から数日ほどかかるとされています。

余り広告を表示させてもその説明が不足になることが明らかであるとかその他の理由で効果が見込まれない場合には審査に通らないということもあり得ます。

ホームページはプロバイダー契約を行ったところで作成する場合にはサーバーの割り当てスペースも限られていたりして、又、記事の更新の度にその容量が増えて行くものです。

アソシエートプログラムも記事の更新作業も大切になりますから、当然容量も増えることが予想されます。もし当初のプロバイダーが従量制の料金体系であったりした場合には他のところで無料のレンタルサーバーを借りたほうが容量的にも心配なく使えるということも言えます。

従って適切なレンタルサーバーを借りてそこへ引っ越すということも可能です。
ただその場合には意図しない広告が強制的に表示されるということもありますがその辺りに同意できれば商用使用が可能なところも探せば結構見つかるものです。容量については相当前から1GB使えるようになって来ているようです。

書籍のような比較的価格が安い商品からパソコンなどの高額商品までその商品の点数は5000万点以上と言われています。参加は無料で販売は自由、やり方としては常に情報が新しい状態にしておくことが要求されます。例えばパソコンやプリンター、デジタルカメラなどは短期間ごとに新製品が出されるという現状がありますので情報が古いと見込み客を捕まえることは難しくなるとも言えます。

ブログは商品を紹介する上では望ましいスペースとされますが、ブログによってはAmazonの商品の表示が許可にならないところもありますので、これはあらかじめ調査しておく必要があります。

そして自分のブログやサイトをできるだけ多くの人たちに見てもらうためにサイト登録を行ったり、ブログランキングサイトに登録するという方法もとれます。

検索エンジンでは多くのポータルサイトへ登録することが出来ます。これを行うとキーワード検索をかけた場合にそれらの人たちが訪問して来るようになります。これらの作業はサイトを作成した場合にすぐに行うことが大切とされ、遅れると登録してもらえない場合もあるとされます。

レンタルサーバーではアクセスカウンターやその解析ツールが完備しているところも多く、アクセス状態を見ながらページの内容を追加したり変更したりして行くことが出来ます。

Amazonアフィリエイトで稼ぐコツ

Amazonアフィリエイトで稼ぐコツとしては、まず商品選びが大切となります。アフィリエイトで毎月一定の収入を得ているのはこれを行っている人たちの中でほんの僅かのパーセンテージの人たちと言われ、難しいものとされています。

書籍のような商品ではその1品当たりの単価も1000円前後と安く、一定の収入に結び付けるには相当の冊数売れなければならないことになります。

ここに表示される商品というものは商品の販売価格が比較できるサイトでの最安値に近い価格が表示されていることも多く、従ってそういう比較サイトと併用で価格を比べてみることも出来ます。

Amazonで売れ筋の商品という表示もサイトから行えます。その際にはファッションやシューズ、小物などの売り上げが多いとされています。さらに需要面から見ると食品とかゲーム、DVDも多いとされています。

食品はこのサイトでも購入できるようになり、日本全国から買い求めることができるようになりました。電化製品とかOA機器であれば1回購入すれば長ければ10年前後使えることになり、時期的に需要が尽きるということも考えられますが、食品の場合は常に消費するものであり需要は無限大であるとも言えます。

手数料の料率はアパレルでは8%となっていて比較的に高いとされています。しかしAmazonの場合は但し書きがありどの商品が売れたとしても上限は1000円となっているようでここは痛いところであるとされています。従ってアパレルの場合は料率が1000円となる価格というと1万2千円あたりの価格帯ということになりそうです。

ある商品に注目してもらいたい場合にはなるべくその商品へのリンクを貼ることで多くの情報を得ることができ、しかも、自分の持っている色々なブログやサイトから相互にリンクを貼るのが効果的とされています。

ブログというものはタイトルがその内容を暗示する役目を持ちます。従ってタイトルと関係のない商品を表示しても効果は少ないとされています。従って文章とタイトルとリンク商品が直結する内容であることで効果が上がるとされています。

商品を勧めるにあたって説得力を持つのは実際に自分が使ってみてその良さを体感できた場合とされています。細やかなところまでその良さが分かっているために説明を行う際にも実感として説得力を持つものです。互いに共感できるとここまで持って行ければ理想であるとも言われています。

又、料率とともに送料も発生し1商品あたり300円とされています。従って売れ筋ランキングで上位にあるものをまとめて販売するとか書籍と抱き合わせで販売するというのも1つの方法とされています。

個人個人によって詳しい知識を持ち合わせていることもあります。従って商品は万人に共通するというよりもその人にとっての選択商品があるとも言えます。類は友を呼ぶともいわれますが、趣味とか嗜好品とかからその人の持ち味という商品も存在します。

又、商品が魅力的で衝動買いを行ってしまうケースというものもあります。その際に感じた魅力のポイントも場合によっては他の人にも共感を呼ぶ部分であったりします。

高価に見えてそこまでの値段のしない機能性に優れた商品というものもあり、例えばマッサージクッションなどこれはアピールの仕方如何で多く売れる可能性があります。

購入して後悔の少ないものは人に勧めてもまず安心できますので購入にも結び付きやすいものとなります。

あと従業員やその家族の幸福原理というものがあって幸せのもとになるものが従業員の幸福感という場合があげられます。

チェアなどは持病持ちの人もいますのでその辺りの配慮がなされたものは購入してもらえる確率が高くなるものです。

これまでにデメリットがあり、色々なメーカーでも似たり寄ったりであったものが、ある企業の商品だけ画期的とも言える改善がなされた場合にはこれも注目されて購入される確率が高まります。

あるいは情報が不足していて、誰でもが困り、それに対して問題解決策を与えるようなHDDからのデータ保存のできるUSBコードのような商品はこれも需要をぐんと伸ばし、一時的であったとしても売り上げを伸ばすことができる場合があります。

書籍は自分で探す際には何を基準に選べばよいのか分からない場合も存在しますが、SEO対策とかWebマーケティング、あるいは文章の基本とはどういうものかなど誰でも困ったり悩んでいる状態を想定してその書籍の分かりやすい解説を行うことで多くの人に共感され、注目されて購入に結び付くこともあるものです。

キンドル本は価格も安価でしかも手軽に購入でき、コミック分野などは人気のある媒体と見られ将来的にも有望と見られています。