Amazonの競取りの仕方と稼ぐコツ

競取りの仕方

Amazonの競取りとは安い価格の本を仕入れて来てAmazonで高値を付けて売りさばくことで利益を得る方法です。例えば書籍というものが必要のなくなった人にとってはただ同然の品物ですがそれを必要としたり探している人にとっては価値を持つものです。

競取りは書籍に限らず、それ以外の色々な分野のものに亘ります。仕方や方法としてはフリーマーケットに出かけて行って多くの量をただかそれに近い価格で手に入れるというものが基本になります。

Amazonにおいては1円本というものも存在し、これらをまとめて購入しておくと、いつかは在庫がなくなり価格が上昇する可能性も無きにしも非ずです。

ブックオフのようなところでセールのような催しが行われているとこれらの機会を利用して大量に購入する機会も出来ます。ただその分野や本がどれだけの価値を持つのかを把握しておくことで無駄なお金を使わずに済むとも言えます。仕入れ先は書籍に限らず価値があると認められた場合には外国商品の購入できるところで購入するのも1つの方法となります。

オークションのサイトも掘り出しものがないか常にチェックを行ったり、入札への参加人数の少ないことを見計らって落札するという方法もあります。

まず資金調達のためにマーケットプレイスを利用して自宅にある不用品をここで販売します。方法は出品契約し書籍などのISBN番号を入力し、その商品の特定できる事項を登録します。販売価格は自分で自由に価格設定でき安く設定する程早く売ることが出来ます。注文が入ると注文者に送付し、Amazonのほうでまとまったお金が溜まると指定の銀行口座に振り込んでもらえます。

そしてある程度の資金が貯まるとこれを元手に競取りを開始できます。

競取りではAmazonでの販売価格から在庫の仕入れ価格を差し引き配送料や手数料を引いたものが利益になります。

競取りの仕方は1冊ずつ行う必要があり、この注文を受けてからの発送通知や梱包作業、納品書の印刷とかポストへの投函、ゆうパックを利用する場合にはその都度出向いて行かなければならなくなりますのでその作業量や手間も大幅に増して来ます。従って大量にこれらの処理を行う場合には何日までに送付するという期限も設けられていますので1人でこなすには無理な状況もあり得ます。

そこでこのような場合には仕入れた商品をまとめてAmazonへ一括で送付しておいてあと商品が売れるまでは保管と管理を行ってもらい、注文が出ると梱包作業や発送作業まで行ってもらえるFBAというサービスがあります。このサービスを利用すると手数料はかかってきますが、梱包作業や発送も迅速でそつなくこなしてもらえるとされています。もし途中でトラブルが発生したとしてもカスタマーサービスが対応してくれますので直接トラブルに関わることなくスムーズに業務をこなせるとされています。

最初なれないうちは1冊当たりの利益は少ないものですが、経験を積むごとにこの利益の率も上がって行きます。従って在庫を多く抱えていたとしてもすぐになくなるということも多くあります。そしてコツをつかむと何ごとも効率よくさばくことができるようになります。

書籍はかさも重量もあるものですが、これがCDやDVD、ブルーレイやゲームになるとその単価も高くなり、逆に送料などは軽いために安くなり従って利益の率は上がって行きます。 家電やおもちゃの場合も軽いということもあって送料は全般的に安くあがるとされています。

アフィリエイトサービスプロバイダーによっては情報商材を扱う所も出ていて、それなりに価格設定も高く多くの利益が上がるとされています。電子出版の自費出版や情報商材の販売も行われているようで参考になります。

競取りで稼ぐコツ

Amazonの競取りで稼ぐコツとしてはブックオフのような安売りの店舗を見つけてそこで安く仕入れることがポイントになります。このような店舗は買取価格も安いものですが販売価格も安く抑えているために仕入れの方法としては望ましいものです。

全国的に展開している大型の店舗とか全国にチェーン展開している店でもよいものです。このような店舗では回転も速く期間をそうおかずに訪問してみても内容が大幅に変わっているものです。

従って仕入れの単位も大きくなり店舗も常時20店舗ぐらい確保しておけばある程度まとまったお金を稼ぐことができるとされています。自家用車かレンタカーを利用するケースもあるとされています。個別には利益は推し量れないものの結果的に大きな利益を生む本が含まれていると理解して良いものです。

こういう書店の会員になっておくと定期的なセールの情報とかクーポンが配信され割安な本を仕入れるチャンスにもなります。

これらの店はセールともなるとこれらを行っている人たちが列をなして並ぶと言われています。ライバル店舗の少ない店舗を見つけておくのも1つのポイントになります。

ところで安く仕入れて高く売るにはISBNの番号を利用する方法があります。Amazonにおいての中古の価格とかランキング、売れ筋であるかどうかが分かります。ここでAmazonの中古価格から仕入れた店舗での販売価格を差し引くとその利益を掴むことが出来ます。従って損をするリスクも減らせるとされています。

スマートフォンのアプリを使う場合は番号の先頭と末尾を除いた8桁の番号を入力するとランキングが表示され、もし順位が20万位なら約1ヶ月以内に売れ、2000位ぐらいになると即販売に結び付くとされています。従ってこの順位で在庫の量を調整することも可能になります。

中古の本では実用書がねらい目と言われています。例えばフィクションの小説とか漫画は発行部数も多いものですがほぼ飽和状態にあるとされています。絵本とか洋書は需要が少なく、写真集は価格が高いとされています。

中古書籍の需要は参考書とか実用書が多いと言われています。中でも実用書は値崩れが起きにくいとされ価格が最初の時点で高いために利益が大きくなると言われています。

ビジネス書における見分け方としては書き込みが少なく、厚みが2センチ以上あり背表紙がきれいで魅力的なタイトルが付いているものが買いとされています。

これらのことを行って稼ぐには必要とされる道具も知られています。
本の表紙は誰が触ったかわからないものですから除菌スプレーで汚れをふき取り、プチプチの緩衝材とかノリ、ガムテープ、ハサミやカッター、定規やゴム製の敷き板、それぞれの大きさの書籍が入る茶封筒、印刷用のA4サイズの用紙、その他が必要になります。

Amazonでは注文が入ると宛名と納品書が同時印刷できるようになっていますので、印刷後に宛名部分を切り取って茶封筒に糊付けし、Amazonマーケットプレイスの商品と書かれた印刷部分を表面に貼り、裏面には自分の住所氏名を印刷したものを貼って送付するようにします。

郵便で送付する場合はゆうメールであることがわかるように赤い色のハンコを既製品として用意しておき、封筒の上部に欠き込みを入れて、重量分に相当する切手を添付して郵便ポストから送付することになります。もしポストの受け口が小さな場合には書籍の大きさによっては直接には投函できない場合もあり、その際には郵便局へ持ち込んで送付することになります。

重量についてはデジタルはかりが要求されます。ゆうパックの場合は自宅で宛名書きとか梱包は行えますが、同じく郵便局へ持ち込んで計量を行い距離や重量相当額の料金が必要となって来ます。問い合わせ番号はメールで発送通知を行う場合に記入する必要があり、受け取り時間の指定がある場合にはそれを記入しておくことになります。

印刷するのが望ましく受取人が急いでいる場合に手描きにした場合に読み取りミスで誤配達になる可能性も残されていますので、もし大量に販売する場合にはレーザープリンターを利用したほうが間違いが少なく、手間も大幅に減らすことが出来ます。

プチプチの緩衝材はオフィス用品の通信販売においては袋状のものやロール状のものが販売されていて取り寄せることが出来ます。

発生する手数料については詳しくは基本成約料と販売手数料、カテゴリー成約料、配送運賃という風な内容になっています。小口の出品の場合には基本成約料は100円ですが大口出品の場合は月間いくらという形になります。書籍の場合の販売手数料は価格の15%、カテゴリー成約料は60円になっています。送料については購入者からも多く入金されますので大した心配はいらないようになっています。

自宅から郵便局が遠い場合には重量ごとの切手を購入しておいて必要な分だけ添付してポストに投函することもよく行われているようです。

アマゾン通販の商品検索

商品検索を利用してアマゾンの安い商品が探せるサイト。
yasui.website/